スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CO(-) 

  • SEO
  • loading
  • タロット占い


本日のタロット占い:豚インフルエンザは強毒性に変異するか?

2009/05/07 本日のタロット占い
お題:
現時点で弱毒性の豚インフルエンザは、強毒性に変異するか?

豚インフルエンザ感染が、メキシコやアメリカの他、ヨーロッパでも広がりつつあるが、今後の世界全体での被害の大きさを推測する上で重要なのが、感染の広がり具合と、豚インフルエンザウイルスが人にもたらす重症度だ。現在までのところ、この新型インフルエンザは「弱毒性」であり、例えパンデミック(世界的大流行)といった事態になったとしても、強毒性のH5N1型鳥インフルエンザが新型に変異した場合に比べると「それほど大きな被害は出ない」と見られている。

しかし、もしアジアで広がったなら、、今後、先に広がった強毒性の鳥インフルエンザと混ざって、あるいは遺伝子が突然変異を起こして、高病原性を獲得する可能性もある。同時に、あまり広まらないうちに自然収束する可能性もあるが、、 これから、どうなるのだろうか? 豚インフルエンザは、強毒性に変異するだろうか? タロットを用いて、この問題の根源(過去)、現在、見通し(未来)を占ってみた。




占いの結果、出たカードを左(過去)から順に

過去:「審判」、「ワンド(杖)のエース」
現在:「力」、「法王」(逆位置)、「スワード(剣)の4」
未来:「世界」、「正義」(逆位置)



タロット占い… もし「占い」と言うものに、更に「神」などという概念を付け加えたなら、これを読む人は、ますますもって胡散臭く感じるだろうか。しかしタロットが示したのは、正位置の「審判」であり、「ワンド(杖)のエース」である。タロットカードの起源については諸説あり、中世ヨーロッパ時代に創られた、あるいは、インドないし中東の国からもたらされたという説、エジプトを起源とする説…などがある。いつ頃創られたのか、あるいは途中で改変されたのか、、いずれにしろ、はっきりとしないのだが、ともあれ、この「審判」のカードについては、聖書に登場する「最後の審判」を題材にしている、というのが通説となっている。この「最後の審判」というのは、キリスト教に於いて世界の終末の日にキリストが再臨し、全人類に下す裁判のことである。教えを信じて実行するものは救われ、それ以外の者は滅亡するという教義であるが、これは同時に「空中携挙(rapture)」という教義をも併せ持っている。つまり終末の日、敬虔な信者はキリストによって空中に引き上げられ、難を逃れる、と。また、同様の話として、「アセンション(次元の上昇)」という言葉も、盛んに聞くようになった。2012年、地球は宇宙の高エネルギー帯であるフォトンベルトに突入し、それによって「次元の上昇」なるものが起き、人類は精神的・霊的に目覚め、高次元の存在に進化する、と言うものだ。

上記はどちらも、人類が霊的に目覚め、進化すると言っているが、タロットカードにも「それ」を示すカードがある。それが、「審判」のカードだ(正位置の場合)。タロットのメジャー・アルカナ「1.魔術師」で儀式を始めた秘儀参入者は、四大精霊(天使)…「恋人」(ラファエル、風)、「節制」(ミカエル、火)、「女帝」(ウリエル、土) を呼び出す。そして最後に、「審判」(ガブリエル、水)を呼び出し、儀式はクライマックスに向かう。秘儀参入者が瞑想をすると、天からの力が流れ込み(上から下へ)、それが体内を駆け巡った後、放出される(下から上へ)ことで、秘儀参入者には著しい変化がもたらされ、人はこれまでの意識から独立を果たす。これが神によってもたらされる現象であることは、次に出た「ワンド(杖)のエース」が物語っている。「ワンド(杖)のエース」のカードを見たことがあるだろうか。雲の中から突き出た手に、ワンド(杖)が握りしめられている絵だが、その手は光り輝いていて、それが神の手…、神の仕業であることを示している。その意味するところは、「誕生」「創造」「始まり」。既に、神の計画は始まっているのである。

また、現在受けている影響を示すカードとして、メジャー・アルカナの「力」が示されているが、これも同様である。体力的、肉体的力で勝る獅子を、女性が優しくなだめている。獅子をつなぎ止める鎖も、美しい花の鎖だ。獅子は文字通りの「獣性」と「激情」を意味するが、それをこの女性は「昇華」させ、精神性をもたそうとしているのである。未来に何が起きるのか、唯人に過ぎない私たちは、占いを通じて伺いを立てるくらいしかできないが、常識や社会通念を打ち破る勇気をもつことが出来たならば、不可能を成し遂げる力を得るだろう。

だが、成し遂げたいと思う者は、用心して欲しい。ありとあらゆる情報があふれる現代、情報はそれこそ山のようにあるが、それら全てが正しい情報とは限らない。教科書にも載っていて、社会常識となっている事柄も、最新の研究では異なる結果が出ている場合もあるし、…故意に情報を操作し、錯覚させることで、利益を得る者がいる場合もある。そう、「法王」(逆位置)のカードは忠告している。

事態はゆっくりと、穏やかに進行するだろう。「スワード(剣)の4」では、戦いを放棄し、戦いによる壮絶な死よりも、静かに息を引き取り、天国の家族の元に行くことを選んだのか、棺の上に身を横たえて祈る騎士の姿が描かれている。そこに騒動、パニックといったものはなく、争いもない。人々は静かに祈り、受け入れるだろう。しかし、その「静かに受け入れる」状態が意味するところを考えた場合、これこそ、強毒性に変異したウィルスが猛威を振るい、手を付けられない状態になっているため、…とも考えられないだろうか。先の占いで私は、「希望が見えてくるだろうが、そのためには変革が必要」と書いたが、それはあくまで現時点の「弱毒性」の新型インフルエンザを念頭に、占った結果である。今後ウィルスが変異し、全く遺伝子の異なる「強毒性」のものに変異した場合、改めて「新型」と認定されることも考えられないだろうか。そう考えることで、一見しただけでは意味の繋がりにくい、未来を示すカード… 「世界」、「正義」(逆位置)の意味が、ようやく見えてくる。

あるいは、、先の占いで導かれた言葉、「希望が見えてくるだろうが、そのためには変革が必要」の「希望」「変革」とは、今思うと「改善されれば収束に向かう」という意味ではなく、今回の占いによって詳細に述べられたのと同じことを意味していたのかもしれない。先の占いでは、逆位置を取った「愚か者」のカードが示され、その解釈に苦しんだが、カードが持つ「希望」は「収束」を意味するものではなく、別の「精神的な目覚め」… 「空中携挙」とか「アセンション」の方の意味だったかもしれない。今度もまた、全タロットカード中【最も良い】意味を持つとされる「世界」が示されているが、この「世界」とは、「審判」によって最後の召喚にも成功した秘儀参入者が、能力を身に付けた姿である。見事目覚め、能力を開花させることに成功したわけだが、果たしてその姿は、成功に至らなかった者の目には、どのように映るだろうか。「空中携挙」や「アセンション」について語った書籍、サイトは多いが、いずれも推測であり、確かなことは分からない。未体験のことであるので、当然と言えば当然なのだが、この様子について言及のある、聖書(テサロニケ人への手紙 4:14~5:3)でも、あまり詳細とは言えない。その時まで生き残った者は、生きたまま空中に引き上げられると言うが、それが肉体を伴ったままであるにしろ、肉体が変化した状態であるにしろ、霊体だけが抜け出した状態であるにしろ、異様な光景には違いないだろう。そのため、(それによって本当に「救われる」のかは知らないが、)救われるとしても、その光景は傍目には「救われている」ようには見えないかもしれない。むしろ逆に、(例えば消滅したかのように見えることで)厳しい裁きを受けた(罰せられた)かのように見える可能性もある。とは言え、いろいろと言ってはみたが、逆位置の「正義」のカードが示すには、その対象に選ばれるのは、なかなか狭き門のようである。

ちなみに、補足として最後に控えていたカードは、逆位置の「死」である。意味するところは、「破壊と再生」。なるほど、といった感である。



  • SEO
  • loading
  • タロット占い


~ Comment ~

フムフム

カードを多面的に観察出来る知識と判断能力に驚きました。これだけの考察をするのは、なかなか素人には…
確かに研究者でさえ、新型の今後を予測するのは、難しいようですので、当たっているようにも思えますね。占いのプロです。というより文章の読みやすさもプロだな、と。

色々な意味で、うらやましい。
[2009/05/08 03:55] YAN-C by 「RE:SUKI」 [ 編集 ]

YAN-Cさんへ

こちらにもおいでいただき、ありがとうございます。
(お褒めの言葉が、くすぐったいです。)

今回のお題なんですが、自分でお題もカードも選んでおきながら、読解に苦戦するという有様で、ちょっとどうしようかと思った瞬間もありました。i-229
なので、最後まで意味が繋がった時は、うれしかったです。推理小説のノリですね(テンプレートも、本来は小説用ですし)。 
[2009/05/08 06:12] no name neko by 「ミネラルウォーター」 [ 編集 ]















管理者にだけ表示を許可する


~ Trackback ~


この記事のトラックバックURL
http://taroturanai.blog37.fc2.com/tb.php/2-888d845b



Back      Next

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。